コラム

前ももの張りを治して美脚に!前ももの張りを改善するならピラティス!

群馬県高崎市ピラティススタジオサンテルジュです!

こんにちは!

今回は女性のボディラインのお悩みで多い前ももの張りについてです。

立ち仕事で長い時間経っていると前ももが張ってくる、トレーニングすると前ももが太くなってしまうなど様々な前ももに対する悩みがあるかと思いますが、それについて解説していきます。

前ももが張る原因は?どんな筋肉が張っているの?

そもそも、前ももにはどんな筋肉があるのでしょうか?

前ももには大腿四頭筋という、膝を伸ばしたり股関節を曲げたりに働く筋肉がついています。

膝を伸ばしたり、股関節を曲げたりする動きは、普段歩いたり生活している中に常にある動きです。

しかし、前ももが張ってしまう人や太くなってしまう人は、この大腿四頭筋を様々な動きの中で使いすぎてしまうことによって張りが出てきます。

前ももの筋肉が張ってしまう原因は?

では、どんな原因で前ももの筋肉を使いすぎてしまい張りが生まれてしまうのでしょうか?

それに関連するのが姿勢歩き方です。

ひとつずつ解説していきます。

ひどい前ももの張りを作る原因の反り腰

ひとつ目は反り腰姿勢です。

反り腰はその名の通り腰が反った状態ですが、違う言い方をするとお腹が前に出ている姿勢とも言えます。

お腹が前に出ると、体の重心が前後で言うと前に傾いてしまいます。

重心が前に傾くと、前に行った重みを支えるために常に前ももの筋肉に頼って姿勢を保っている状態になります。

この状態を知らぬ間に続けてしまっていると、前ももはどんどん負荷を与えられ続け、結果的に前ももが張ってくるということになります。

ひどい前ももの張りは歩き方にも原因が?

ひどい前ももの張りを作る原因は歩き方にもあります。

その歩き方とは、膝を伸ばして歩いてしまう歩き方です。

人は歩き始めて踵がつくタイミングで少し膝を曲げて衝撃を吸収したり、スピードを調節するのですが、その際に膝を伸ばしたまま歩いてしまう人がいます。

これは自分で気づくのは難しいのでサンテルジュのスタッフやその他の専門家に見てもらうことをお勧めしますが、これも体の使い方が自動的にそのように使いたくなってしまっているためです。

ただ反り腰の方に多く当てはまるので反り腰を先に治すことが重要です。

ひどい前ももの張りを改善させる対策とは?

 

では、どうしたら改善できるでしょうか?

それには、やはり反り腰姿勢の改善が重要です。

反り腰姿勢はざっくり言うと、お腹の力が抜けて腰が反っているような状態です。

そのため、お腹の力が適切に入るような動きの練習をしていくことで、意識せずにお腹の力が入るようになり姿勢の改善をすることができます。

また、前もも自体の筋肉の使い方も改善していく必要がありますが、今回は反り腰改善に限って説明していきます。

ひどい前ももの張りを改善して美脚を目指すピラティスエクササイズ!

上で説明した通り、前ももの張りを改善するには反り腰の改善がとても重要です。

そのため、反り腰を修正して前ももの張りを改善するのにとても有効なピラティスエクササイズをご紹介します!

前ももの張りを改善して美脚に!サンテルジュでピラティス始めましょう!

ボディラインの悩みとしてとても多い前ももの張りについて解説してきました。

前ももに症状として張りが出ていても、原因がそこにないことは今回のことに限らず多くあります。

そこはサンテルジュのスタッフや専門家に体を見てもらわないとわからないです。また、この症状はピラティスで治るの?といった疑問もあるかもしれません。

そんな方は一度体験にいらしてください!

今の状態や症状について、スタッフが説明させていただいてお客様にあったエクササイズをご提案させていただきます!

毎月10名限定ピラティス無料体験受付中!

サンテルジュでは毎月10名様限定で無料体験を受け付けております!

毎月すぐに埋まってしまいますのでお早めに!!

詳細はこちらから!

毎月10名限定ピラティス無料体験のご予約はコチラ!