コラム

【体硬い人こそおすすめ!】体を柔らかくしたいならピラティス!

群馬県高崎市ピラティススタジオサンテルジュです!

こんにちは!サンテルジュの須永です!

今回はピラティスの疑問で多い、体が硬い人もピラティスできるか?についてです。

ピラティスと言われてイメージするような姿勢は、なかなか柔軟性を求められるような姿勢をしていますよね。

そういった意味ではどうしても敷居が高く感じてしまうピラティスですが、実際はどうなのか?といったところを解説していきます。

体硬いけどピラティスできる?

結論から言うと、答えは当然Yesです。

ピラティスは確かに大きな可動域を求められるようなイメージがありますが、実際のところはその人に合った、その人が動かせる範囲内でしか動かさないので全く問題ありません。

ピラティスは基本的にとても大変な動きやトレーニングのようなものはありません。

それはマシンが動きを補助してくれ、適切な動きを誘導してくれているからです。そのため、どんな方にも大きな負担なくやっていただけるエクササイズです。

むしろ体が硬いならマシンピラティス!

ピラティスは前述したように体が硬くてもどんな方にも出来るエクササイズです。

むしろ体が硬い人によりおすすめです。

マシンのピラティスで特にリフォーマーやタワーと呼ばれるマシンでは、ピラティスのエクササイズの中でとても大きく身体を動かせるエクササイズ種目が多いです。

エクササイズの中で体を大きく動かすというのは動きの中で様々な部位にストレッチがかかり、最初は体の硬さから少ししか動かなかったものがやっているうちにどんどん可動域が広がっていきます。

そのため、柔軟性改善にもってこいなリフォーマーやタワーといったマシンを用いながらエクササイズをしていくだけで勝手に体が柔らかくなっていきます。

体の硬さを改善するストレッチには無いマシンピラティスの良さ

なぜそこまで体が硬い人にはピラティスが良いと激押しするのか?というところです。

柔軟性を改善するためにどんなことが重要なのかというと、自分が動かせるマックスの可動域を自分で動かすということです。

体の硬さはだいたいが筋肉の硬さから由来するものですが、筋肉の硬さは体の防御反応から生まれることが多いです。

防御反応は当然もともと体に備わっているものですが、痛みや体の緊張などがあると防御反応によって体に力が入り関節や筋肉の硬さに繋がります。

しかしピラティスは、自分が動かせる可動域を自分で動かすため痛み無く動かすことができ、またその動きに軽く負荷がかかる為フルに動いた状態から関節を動かす必要があります。

その動きによって、自分の体は「ここまで動かしても痛くないんだ!」と防御反応を解除してくれるため、体の硬さ、関節の可動域が向上します。

体が硬いからストレッチ!ではだめなのか?

ここまでピラティスを激押ししてきましたが、ストレッチがダメなわけでは全くありません。

ストレッチも当然、体の硬さを改善する為に必須です。ただどうしても時間がかかってしまったりと効率的ではないということです。

ですが、いくら効果が持続しやすいピラティスと言えど、手っ取り早く柔軟性を上げるにはピラティスをしながら自宅でストレッチをすることがおすすめです。

その際のストレッチはスタッフが教えさせていただきますのでご安心ください。

ピラティスで体の硬さを改善するストレッチならこれ!

マシンピラティスの良さを生かしたストレッチをご紹介します!

ふくらはぎから背中まで全部伸びる!モンキー

脇腹から腰を伸ばすマーメイド!

ピラティスで体の硬さを改善するなら群馬県高崎市サンテルジュ!

柔軟性を改善する為のエクササイズについて解説してきました。

体の硬さは改善できると日々のランニングやウォーキング、お仕事などの動きが途端に楽になったり、怪我のリスクなども減らすことが出来ます。

また慢性的な腰痛や肩こりに対しても効果は抜群です。

是非一度サンテルジュのピラティスを体験してみてください!

姉妹店アンカー高崎の情報はこちらから!

ピラティススタジオサンテルジュの姉妹店であるパフォーマンスステーションアンカーのホームページでもさまざまな情報を発信しています!

ぜひそちらもご覧ください!

↓ホームページはこちら↓

トップページ